太らないクラブ選びのコツ 第1回

こんなクラブはNG! フィットネスクラブ選びを失敗しないための3つのポイント

だんだんと暖かくなり肌の露出が多くなってくるこの季節、ダイエットやボディメイクの目的でフィットネスクラブに入ろうと考えているかたは多いのではないでしょうか。

 

今回はフィットネスクラブでの運動が楽しめるよう、選んではいけないフィットネスクラブのポイントを3つ、お伝えします。

こんなクラブはNG! フィットネスクラブ選びを失敗しないための3つのポイント

NGポイント1:スタッフの元気がなく、無愛想

楽しいフィットネスライフを送るために大事な要素のひとつは、他の会員さんやクラブのスタッフなど同じクラブにいる人たちとのコミュニケーションです。

 

他の会員さんとは、同じ時間帯の来館やスタジオでのグループレッスンなどで一緒になる機会もあり、徐々にコミュニケーションを取れるようになってくると思います。

 

しかし誰よりもコミュニケーションの機会が多くなるのがトレーナーや受付などクラブのスタッフ。スタッフに元気がなく無愛想だと、器具の使いかたなどがわからない際など困ったときに声をかけづらい、「また来よう」という気持ちが減ってしまいます。逆にクラブのスタッフが元気で気持ち良い挨拶をしてくれると、「また来よう」と思えますよね。

 

実際に、フィットネスクラブの退会要因として「無機質な感じの対応」が多く挙げられることがあるので、これは大事なポイントです。

NGポイント2:ロッカールームに清潔感がない

フィットネスクラブには不特定多数のかたがいらっしゃり、それぞれの施設(トレーニングエリア、ストレッチエリア、プール、ロッカールーム、シャワールームなど)を共有します。

 

清潔感の度合いの感覚は人それぞれですので、施設の利用の仕方も人それぞれ。あなたが気持ちよくフィットネスライフを過ごすためには、スタッフの清掃がしっかり行き届いているかが鍵となります。見学の際は、自分の納得できる清潔さがあるかどうかをしっかりチェックしましょう。

 

クラブによってはターゲットを絞っていて(高い会費など)、非常に清潔かつ高級感のあるところもありますので、あなたにあったクラブを選ぶのも一つの手です。

NGポイント3:やたらとキャンペーンを押してくる

気になるフィットネスクラブが見つかったら、そのクラブのHPや広告記事を見たり、実際に見学に行ったりすると思います。

 

見学に行った際に、「今月中のご入会ですと、◯◯が無料です」などと言った声がけを執拗にしてくる場合は要注意。そのクラブは「あなたの悩み(痩せたい、引き締めたいなど)を解決したい」とは思っておらず、あなたのことを“今月の目標入会者数の一人”としてしか見ていない可能性が高いです。

 

こういったクラブの場合は入会(契約)するまでは非常に親切ですが、入会した後の悩みごとへのフォローは薄いかもしれません。まさに「釣った魚には餌はやらない」という状態です。

 

以上、選んではいけないフィットネスクラブの3つのポイントをお伝えしました。夏に向けてフィットネスクラブへの入会を検討されているかたの参考として、少しでも役立てて頂ければ幸いです。