オススメ! めおとブックス! 第6回

家族みんなで遊べる! ママもパパも嬉しい「ボードゲーム」の魅力

夫婦のお悩み解決コラム

「子どもがテレビを見たり、ゲームばかりしている」と悩んでいませんか?  うちの5歳長男もテレビ好き。ツムツムがしたくて、スマホを狙っているときもあります。

 

筆者としては、ゲームは良くないと思ういっぽうでメリットもあるという考え。ゲームの「良いとこ取り」をするために取り入れたのが“ボードゲーム”でした。

家族みんなで遊べる! ママもパパも嬉しい「ボードゲーム」の魅力

ボードゲームの世界は広い!

おうちでボードゲームfor ママ&キッズ 著者:すごろくや 1,944円

おうちでボードゲームfor ママ&キッズ 著者:すごろくや 1,944円

私自身は、子ども時代にゲームをした経験がありませんでした。また子どもの性格によって「熱中するゲーム、飽きてすぐ止めるゲーム」は違うもの。ゲームも安くないので、慎重に選びたいと思って手にとったのが『おうちでボードゲームforママ&キッズ』でした。

 

紹介されるボードゲームは全部で50種類。「世界観の魅力、わいわい遊ぶ、心理・感受性、頭を柔らかく、じっくり集中」の5章に分かれ、「年齢、人数、所要時間、難易度、誰とやるか」「ゲームの内容やポイント」「身につく楽しさや力」「次のステップとしてのおすすめゲーム」が解説されています。

 

我が家の長男の気質としては、5章の「じっくり集中」が合いそう。中には面白いだけでなく、インテリアとして飾っても可愛いボードゲームもありました。

ボードゲームでできる「ゲームのいいとこ取り」

テレビやスマホゲームにもメリットはあります。種類によって変わりますが、主に以下のような力が身につきます。

・記憶力

・集中力

・戦略的思考

・問題解決力

・全体や先を見据えた思考

・勝ち負けを知る機会

・相手の顔色を読む

・駆け引き

・友達や家族と一緒に楽しむ

 

うまく取り入れればプラスに働くゲーム。とはいえ視力低下は心配だし、1人でやると親とのコミュニケーションが取れないことに問題を感じていました。

 

そこでおうちでボードゲームforママ&キッズに載っているどうぶつしょうぎブロックスを買ってきたところ、見事息子は熱中。今は本物の将棋も覚え、将棋をしながら漢字を学ぶなどの波及効果も生じています。

実際に遊んでみて気付いたこと

ボードゲームをして気付いたのは、父子で遊ぶ時間が増えたこと。「子どもと遊んで」と言うより「どうぶつしょうぎでもすれば?」と言うほうがパパも動きます。どうしても子どもとの遊びは大人がつまらなく感じがちですが、ボードゲームなら親子一緒に楽しめるのもメリットです。

 

ボードゲームをやっていて難しいと思ったのが、子どもへの対応です。特にプライドの高い長男は負けると毎回大泣きして拗ねてしまい、手がつけられません…。

 

本著には「小さな彼/彼女にとってゲームをする場は『世界のすべてに等しく、そこで負けるということは、家族という社会の中で落伍者の烙印を押されたとしか感じられず、『どうしようもなく悲しくてたまらない』ことなのです」という記載が。短時間で終わる、協力型のゲームを選ぶといいようなので、次に挑戦するならばそういったボードゲームにしたいと思います。

 

他にも「集中力がない子どもに向いたボードゲームってなんですか?」「遊んでいる最中に子どもが飽きてしまったら?」などへの疑問への解説付き。これから夏休みに入り「エアコンのきいた部屋で子どもと何をしよう…」と悩むかたも、ボードゲームを考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事をSNSでシェア