自分の障害を子どもにどう説明するのか。例えば「パパの足ってボクと違う。なんで〜?」と無邪気に聞かれたら。

夫婦のお悩み解決コラム

「パパの足って、僕のと違うね、なんかヘン。なんで~?」

左足には指3本。右足は足首で切断、ヒザは曲がらず。

左足には指3本。右足は足首で切断、ヒザは曲がらず。

 

この問いかけになんと答えればいいんだろうと思ったのは、ある5歳の子どもに、似たような質問をされたことがきっかけでした。子どもは分からないこと、不思議なことは何でも聞いてきます。自分とは違う足、ロボットみたいな義足、変な歩き方。それらすべてが興味対象です。ウチの息子はもうすぐ1歳半。そう遠くないうちに聞かれるんじゃないかなという予感がしています。

 

生まれつき両足が不自由で、健常者の足と比較すれば異形ともいえる足をもっているので、小さい頃から「なんでなんで攻撃」は日常茶飯事なものです。「なんでなんで攻撃」は地味に自分の現実を突きつけられるのですが、その結果、切り返しを工夫して楽しむということに慣れました。同級生には「俺、足悪いんよ。だからギブス履いてる。」と話し、義足から繰り出す蹴りは「ギブスキック」という名の必殺技になりました。ケンカはそんなに負けなかったなあと思い出しますが、そりゃ武器を持っている以上、当たり前な話かもしれません。

 

思春期を過ぎると、生足を見られるという経験が増えます。口説いた女の子には「苦労してる足やなあ」と言われたり「なんかエロいね」と言われたり。たしかに右足はアレに似ているので夜の鉄板ネタになりました。めんどくさいときには「前世で悪いことしたせいやろなあ」と答えていましたが、どうすれば盛り上がるかな、雰囲気が悪くならないかなという感覚から慣れてできるようになったこと。自分の子どもからの1発目にいい切り返しができるかはわかりません。

 

この記事をSNSでシェア