【調査結果】帰省って好き? パートナーはこんなストレスも抱えているかも

夫婦のお悩み解決コラム

お盆休みは帰省! 結婚して年数が浅いとまだ相手の実家へいったときにドキドキしませんか?  また「相手の実家に帰るのが楽しみ!」というかたも、「自分の家に帰るのはイヤ」というかた、それぞれいろんな思いの「帰省」がありますよね。

 

ゲンナイ製薬株式会社が行った調査結果によると、「実家への帰省」に対し男女で意識の差が出ていることがわかります。

【調査結果】帰省って好き? パートナーはこんなストレスも抱えているかも

女性は「夫の実家より自分の実家」の帰省が楽しみ?

まず、男性と女性で「配偶者の実家に帰省する」ことについて、女性のほうが「気が重い」と回答。

 

男性は

「楽しみ」「どちらかといえば楽しみ」の合計…55.4%

「気が重い」・「どちらかといえば気が重い」の合計…44.6%

 

と半分半分だった結果が、女性は

「楽しみ」「どちらかといえば楽しみ」の合計…39.1%

「気が重い」・「どちらかといえば気が重い」の合計…60.9%

と、明らかに「気が重い」結果に!

 

逆に「自分の実家への帰省」に関しては、女性は「楽しみ(どちらかといえば楽しみ)」の合計が83.5%! 奥様たち、いろいろストレスを抱えていそう…。行く前や行った後に夫婦でしっかりコミュニケーションを取ったほうがいいかもしれませんね。

実家ならではの楽しみと悩み

いろいろな意見がありますが、その理由はどういったものがあるのでしょうか。

自分の実家への帰省が「楽しみ」と答えた理由

リラックスできる(20代/女性)

兄弟が揃う(20代/男性)

友人と再会できる(20代/女性)

 

普段会えない人に会える、地元ならではの楽しみが挙がりました。

配偶者の実家への帰省が「楽しみ」と答えた理由

沖縄だから、旅行も兼ねて(20代/女性)

飯がうまい(40代/男性)

 

遠方やそれまで縁がなかった土地が「配偶者の実家」だと、旅行気分も味わえるようです。

 

逆に、「気が重い」理由。

自分の実家への帰省が「気が重い」と答えた理由

家族が不仲(40代/男性)

妻が嫌っている(20代/男性)

子どもが会いたがらない(40代/男性)

夫と父親の仲が良くない(30代/女性)

 

自分が実家との関係がよくないと言うひともいますが、配偶者と実家の関係が良くないという声も。これは次の結果を受けているからこそと言えます。

配偶者の実家への帰省が「気が重い」と答えた理由

気を使う(30代/男性)

義理姉と不仲(30代/女性)

会話が続かない(30代/男性)

 

義理の家族との距離感、コミュニケーションが関係していますね。パートナーや家族の不満を理解しているからこその、自分の実家への帰省が「気が重い」という結果に見えます。

これがなければ帰省はもっと楽しい??

帰省には、男女それぞれいろんな「プレッシャー」がというある結果も出ています。

 

まず「子どもはまだか」と聞かれるプレッシャー。このプレッシャーを受けるのは子どもがいない夫婦だけかと思いきや、子どもがいても「2人目、3人目は」と言われると回答もしづらいものです。

 

独身のころの「結婚はまだか」攻撃が終わったと思えば、次から次へとこんなプレッシャーがあるなんて…。

 

また帰省先で「配偶者にムッとしたことがある」というひとにその理由を聞くと、男性は

「(妻が)知らない話題で自分たちだけが盛り上がる」「自分の実家をばかにする・悪口を言われる」、女性は「(夫が)帰省中ずっとゴロゴロしている」「先に寝てしまう」が多い結果に。

 

男性はプライドに関すること、女性は存在をないがしろにされることに怒りを覚える結果に。くつろぎすぎや、冗談でも相手を軽く見るような発言はNGのようです。

 

ほか、男性は「アルコールに誘われる」こと、女性は「家事や手伝い」がプレッシャーだと挙げています。お酒を飲むための準備や用意を女性は手伝い、男性は「まぁ一杯」と誘われる…。これは夫・妻からフォローがほしいところです。

 

 

みなさんの「帰省」は楽しみなものですか? 気が重いものですか? そして、パートナーはどんな反応でしたか?  せっかくの休みに行くのですから、ストレスはお互い減らしたいもの。特に自分の実家に帰ったときは、くつろぎすぎずにパートナーへのちょっとした気遣いを忘れないことが重要です。

 

※調査結果:ゲンナイ製薬会社「帰省時に夫婦が感じるプレッシャーに関する調査」

この記事をSNSでシェア