編集長コラム

身近な人には厳しい? 優しい?

夫婦のお悩み解決コラム

先日母と電話で話していて、ひとつ気づいたことがありました。

母は「身近な人には厳しく、そうでない人には優しいほうが良い」。

僕は「身近な人には優しく、そうでない人には厳しくても良い」。

 

まったく逆の考えですが、よくよく話すと実は同じ考えかたをしていることに気づきました。

身近な人には厳しい? 優しい?

 

みなさんは身近な人には優しいですか? それとも厳しいですか?

そう聞かれても自分のことなんてわからないですよね。

 

僕も自分のことはわからなかったのですが、母がなんとなく「身近な人には厳しく。そうでない人には優しく」と話していて「僕とは違う」と返しました。

 

「僕は身近な人には優しくしたいし、そうでない人には厳しくても構わないって思うけど」

「そう? 関係ない人とは当たり障りないほうがいいじゃない。今後付き合わないんだから」

「当たり障りあってもいいじゃない、そのあと付き合わないんだから」

 

「身近な人はずっと付き合っていくから厳しく(優しく)、そうじゃない人はどうでもいいから優しいほうがいい(厳しくても構わない)」。

 

真逆のように見えて、対応は違うけど実は考えかたは同じなのかもしれない。不思議だなーと思いながら、そのまま話していてひとつ大きな違いに気づきました。

 

母は身近な人をライバルと捉えている。

僕は身近な人を仲間だと捉えている。

 

「これは世代もあるかもしれないね」

母は団塊世代で四人姉弟の次女、おかずひとつでも厳しい競争を勝ち抜いて来ていますが、僕は子どもの頃はバブル。一人っ子だったので、誰かと競争した記憶があまりない。

 

ゲームで言えば母は“対戦”モードを好み、僕は”協力”モードを好む。母はお互い衝突しながらも高め合っていくのが楽しい。僕はお互いフォローしながらクリアしていくのが楽しい。

 

相反する性格なので喧嘩もよくしましたが、30代も半ばになってきて「母がそういうタイプだったから良かったのかも」とも思います。もし母が身近な僕をライバルと思ってくれなければ、のんびりしていて悪い人に騙されやすかったかもしれない。

 

結局、「これはどっちが良い悪いはないね」と。

 

実は別の話でも似たようなことがありました。

僕はとても子どもが大好きなんですが、「自分は子どもが嫌いです」と話すかたがいたのでいろいろお話しを聞いてみました。

 

結果、考えていたことは一緒。

 

僕は子どもにも個性や考えがあるから対等に接する。嫌いですと仰っていたかたもまったく同じで「対等に接しているからこそ」と話してくれたものです。これも「どっちが良い悪いはないですね」と。

 

実は考えていることは同じだけど捉えかたが違うのかもしれない。そして、意外と長い目で見れば良い結果に向かっているかもしれない。そう思ってもやっぱり、僕は自分と同じ「身近な人に優しい人がいいなぁ」と思ってしまいます。

 

でも、いまの自分や以前ある記事にあったSM論を思い出すと「身近な人に厳しい人もいいなぁ」と思うトコロも。

 

「Sの人は厳しく接する自分を受け入れてもらいたい。Mの人はそんな人を受け入れてあげたい」

 

SがいるからMもいる。

補い合えれば、自分とタイプが違う人もいいのかもしれません。

 

経験上、タイプが違えば喧嘩になることも多くなりますが、お互い「身近な人」と考えているからこそ起きる「良い喧嘩」だと思います。

この記事をSNSでシェア