親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート 

夫婦のお悩み解決コラム

7月の第4日曜日「親子の日」は約6000組もの親子写真を撮影してきた写真家のブルース・オズボーンさんが提唱する「親と子の関係を見つめ直す日」です。

 

活動開始から14年目を迎える今年は、親子の日普及推進委員会のもと「第10 回 親子大賞 授賞式」と「第 14 回 親子の日スーパーフォトセッション」を開催。

 

今回はイベントのレポートと「親子の日」発起人であるブルース・オズボーンさん、佳子さん夫妻からのメッセージをお届けいたします。

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

第10回 親子大賞 授賞式

7月23日(土)、新宿にあるオリンパスプラザ東京で親子大賞の授賞式が行われました。実は「親子大賞」自体は10年前から開催されているものの、授賞式は今年が初。

 

授賞式はいきなり2016年の親子大賞を受賞した親子の発表から始まりました。今年一番ホットだった親子は誰なのか…!?

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

 

まさかのウルトラセブンとウルトラマンゼロ親子。会場では両者に受賞の感想を聞いた映像が流されました。

 

「受賞の感想は?」

「ジュワッ」

「印象深い親子エピソードは?」

「ダァッ」

※コメント部分は字幕つきでした。

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

 

ほかにも親子にちなんだエッセイや写真のコンテストも開催、受賞者にはオズボーン夫妻から賞状と景品が手渡されました。

 

受賞者のスピーチでは、「実は、まだこのこと親には言っていなくて…怒られるかも(笑)」、「子どもに『授賞式に一緒に行こうね』と言ったら『用事があるから無理』と断られました…」といった驚きのエピソードが飛び出し、会場の笑いを誘っていました。

 

> 親子の日 エッセイコンテスト2016 入賞作品

> 親子の日 写真コンテスト2016 入賞作品

 

 

「どの作品にもいろいろな家族の想いが込められていて、選ぶのが大変だった…」と語ったオズボーン夫妻。授賞式は東京のみの開催ですが、写真の展示自体は地方の写真館など様々な場所で実施していますので、みなさんも是非お立ち寄りください!!

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

会場に展示された写真コンテスト入賞作品

 

イベントの最後には、親子大賞の特別賞としてサックスプレイヤーの平原まことさん・歌手の平原綾香さん親子が登壇。

 

「親子が仲良くする秘訣は?」という質問に対し、平原綾香さんは「父の影響で私も中学1年生のときからずっとサックスを吹いていたので、父は親であると同時に師匠のような存在。尊敬していたので反抗する暇がありませんでした(笑)」とコメント。

 

そんな娘に対してお父さんは「サックスを吹いているときはすごく素直に言うことを聞いてくれるんです。歌は敵いませんけど、サックスでは勝っています!」と、“音楽”という共通項を持つ親子らしい掛け合いが見られました。

 

親であると同時に尊敬できる存在であるというのは、親子が円満な関係を保つ秘訣のひとつなのかもしれません。

 

> 第10回 親子大賞の詳細はこちらから

第 14 回 親子の日スーパーフォトセッション

翌7月24日(日)、親子の日当日には写真家でもあるブルース・オズボーンさんによる100組の親子を撮影するフォトセッション。

 

写真スタジオでの撮影というので、少しかしこまった撮影風景を想像していたのですが、会場に入ってビックリ。スタッフさんが生茶パンダのパペット、マラカスなどを使って歌ったり踊ったり…小さい子どもでもなんなくリラックスできるような盛り上がりでした。

 

実際にメオトークの山川編集長自ら撮影に参加(きちんと予約しました)。

その様子を見ていると、いい大人同士気恥ずかしいのか、当初はこれだけ距離のあった親子が…

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

 

ちょっと寄りましょう! とスタッフさんからぐいぐい来るリクエスト…しかし照れる山川親子。

DSC00932

 

撮影するオズボーンさんまで出てきて…

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

 

最後は照れながらも肩を組むほどに!!!!

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

 

さすが親子写真のプロフェッショナル…!! たった数分の間に写真を通して親子の距離をぐんと縮めることに成功していました。物理的な距離だけでなく、心の距離も縮まったようです。

 

(お母さんの腕がかたいですが、編集長との身長差でとまどったそうです)

 

※ブルース・オズボーンさんが撮影した第 14 回 親子の日スーパーフォトセッションの写真は、こちらからご覧いただけます。

発起人が語る「親子の日」について

最後に「親子の日」発起人のブルース・オズボーンさん、佳子さん夫妻に今年、そしてこれからの「親子の日」について語っていただきました。

今年の「親子の日」を終えてみて

今年も全国から様々な想いを持った親子が集まってきてくれました。

 

遠方に住むお母さんを誘って撮影に参加してくれた娘さん、「久しぶりに親子写真を」と撮影会に参加した親子、海外出張前の記念として参加してくれた家族、病気の回復を願って参加してくれたかた。

 

全国からサポートに駆けつけてくれた応援団も。みなさんのおかげで一日中にぎやかな「親子の日」の会場となりました。

 

今年はとくに新聞、テレビ、ラジオ、Webなど様々なメディアで「親子の日」を取り上げていただき、たくさんの人たちに「親子の日」を知ってもらうことができてとても嬉しく思っています。

これからの「親子の日」

「親子」という単語は英語には存在しません。

(編集部註:英語にはfamily=家族はありますが、親子はparent and child=親と子で分かれている)

 

「親子」というのは日本の特別な言葉。この言葉のように「親」と「子」をひとつの単語につなげ命の連鎖の一体感を表す…そんな日本の文化を日本の“誇り”として海外に発信したいです。

 

誰もが生まれて来たことに感謝できる社会になって欲しいというのが、「親子の日」に込めた願い。この願いを叶えるために、活動の場をもっと広げていきたいと考えています。

記事を読んでいるみなさまへ

年齢が進むにつれ、「親子」と言うとついつい「自分」と「自分の子ども」をイメージしてしまいます。でも、「自分」と「自分の親」もそうである意識を忘れないでほしいと思います。

 

「親」のいない命はいませんから、「親子」は世界中の誰もが共有できるテーマ。世界が不安定で悲しいできごとも多い時代だからこそ、命の原点である「親子」という最も基本的なテーマについて考えることが大切です。

 

みなさんもぜひ「親子の日」を親子の関係を見直す機会のひとつにしてください。

親子の関係を見直すきっかけに…「親子の日」イベント体験レポート

 

「1+1は?」「にーっ」という掛け声にも代表されるように、最後が「い」の段で終わると口角が上がり自然と笑顔の写真を撮ることができます。

 

親子の日の掛け声はもちろん「おやこのひー」。「親子の日」と言うだけで笑顔になれるのです。授賞式でもフォトセッションでも、会場にはそんな「親子の日」の笑顔がたくさん溢れていました。

 

> 親子の日について詳しくはこちら:親子は自分の原点、「親子の日」を自分に自信を持つきっかけにして欲しい −−ブルース・オズボーンさん、佳子さん夫妻のインタビュー

 

> 親子の日公式サイト

この記事をSNSでシェア