妻にお願いされる前に…水回りのカビは日々の予防が大事!

夫婦のお悩み解決コラム

放っておくとすぐに発生してくる水回りのカビ…適切な予防をしないと、いつまで経ってもイタチごっこから抜け出せません。「いつの間にかスゴいことになってる…」「カビだらけの浴槽の掃除を妻に頼まれた…」。

 

そんなことになる前に、日々の予防からカビ対策をしてみましょう。ここでは掃除が一番大変な浴室での対策を紹介していきます。

妻にお願いされる前に…水回りのカビは日々の予防が大事!

カビの繁殖方法

最初に前提知識として、カビの繁殖条件をご紹介しておきます。

 

1: 温度・・・一般に、カビは20℃~30℃の間の室温で最も繁殖する

2: 湿度・・・60%以上の湿度が繁殖に最適

3: 栄養・・・汚れ・食べカスなどの存在

 

以上の環境がカビにとって最適な条件。逆に言えば、この条件に当てはまらないように環境を整えれば、カビの繁殖を予防できるということです。

 

では、具体的にカビ予防の方法を見ていきましょう。要は前述の繁殖条件の逆を行く!! つまり、1.温度を下げ、2.湿度を下げ、3.清潔に保つ。

1: 温度を下げる

使用後の浴室は冬場でも室温が高い。冬だからといって油断は禁物です。

 

一番効果的なのは、入浴後に壁や床一面に冷水をかけることです。これは同時に壁に付着した泡などの汚れを取り除き、石鹸カスを防止する上でも効果的です。

2: 乾燥させる

浴室に換気扇がある場合は、24時間付けっぱなしにするのがオススメです。換気扇は、フルタイムで付けっぱなしにしていても電気料金はさほど高くなりません。

 

また、大抵の浴室の扉には通気口があると思いますが、ここが意外と盲点。この通気口はかなり埃がたまりやすく、こまめに掃除しないと適切に換気できなくなります。「マツイ棒」などを使うと簡単に掃除ができますよ!

3: 清潔に保つ

上記の対策を日々行っていれば、ほぼ浴室で黒カビを目にすることはなくなります。ですが、浴室には目に見えないカビ菌が潜んでいます。

 

不吉なことを申しましたが、ここでは日々の手入れは普段通りで構いません。3か月~半年に一度、浴室用洗剤を一面にかけて、シャワーで流せばいいだけです。

 

以上の予防を行えば、あなたの家の浴室はカビ知らずで、きれいに保てるはずです。今まで浴室掃除に使っていた時間と労力を、妻と二人で過ごすのに使ってみてはいかが?

この記事をSNSでシェア