夫婦円満の秘訣は「一緒にお風呂」!? | 今宵はふたりでどう?

夫婦のお悩み解決コラム

みなさん、夫婦一緒にお風呂って入ります? 実は一緒にお風呂に入っている夫婦と、入ってない夫婦とを比べると、「夫婦の円満度」にびっくりするぐらいの差が出ているんです!

 

そろそろ秋の行楽シーズンがやってきます。夫婦で温泉旅行を考えているかたにも嬉しいデータを見ていきましょう!

夫婦でお風呂って入っていますか?

まずどのぐらいの夫婦が一緒にお風呂に入っているのでしょう?

 

夫婦風呂することがある… 41.2%

一緒に入ることはない… 58.8%

 

半々、というところでしょうか。

ちなみに頻度としては、「一緒に入る」方の3割程度のかたが月に1回は夫婦で入浴しているそう。また、なかなかお子さんがいると夫婦二人で…というのは難しいかもしれませんね。

夫婦でお風呂に入ることが夫婦円満に繋がる?

一緒に入らない理由は「ひとりでゆっくり入りたい」「お風呂が狭く感じる」など。さらに30代女性は「恥ずかしい」「体型が気になる」と答える傾向が見られます。

 

しかし! 一緒にお風呂に入る夫婦と、入らない夫婦では「夫婦の円満度」に大きな差がでているのです!

Q:夫婦の円満度に点数をつけるとしたら?

・夫婦風呂をする …77.4点

・夫婦風呂をしない…59.2点

 

16.2点も差が開いていますね! しかも「夫婦円満度は100点」と答えた人も、「する」人は19.2%だったのが、「しない」人は7.3%とこちらも12.1%もの開きがあります。

 

夫婦風呂のメリットとして挙げられているのが、「スキンシップが取れる」「夫婦の会話が楽しめる」ということ。夫婦二人だけコミュニケーションが取れることが、夫婦の円満度に繋がるようですね。

奥様を「夫婦風呂」に誘うには?

しかし、先にも書いたように女性には「恥ずかしさ」がハードルとなっています。夫婦風呂をしたい、けれどもどう誘ったらいいものか…とお考えの男性陣に、とっておきの言葉をお教えしましょう。

これです。

 

「電気とガス代の節約になるから一緒にお風呂入ろうよ」

ポイントは「節約」

実は、女性は夫婦風呂のメリットについて、「スキンシップがとれる」よりも、「電気・ガス・水道代の節約になる」と捉えている人が多いのです! 女性って現実的!

 

主婦として考えると、一緒に済ませてしまえば電気代はもちろん、お湯が冷めたときの炊き直しが不要なのでガス代は浮きます。これは奥様もグラっとくるのでは?

いっそ旅行!

それでもグラっとこない奥様には、こちらを。

「温泉旅行へ行こう」

 

旅行先で人気の温泉地は、草津、由布院、箱根など。さらに夫婦で楽しむのであれば、「満点の星が見える温泉」「海の沈む夕日が見える温泉」などのシチュエーションも人気です。

 

最近は泊まりではなくても日帰り温泉も人気。秋の行楽シーズンまえ、夫婦温泉デートを検討してみては?

 

また最後に、面白いデータをご紹介します。

夫婦風呂をするならここに注意して!

「夫婦で一緒にお風呂に入っていて、パートナーにやってほしくないことは?」という質問に、女性はご主人に対して1~3位は「お湯・シャワーを出しっぱなしにする」、「しぶきを飛ばす」「かけ湯をせず湯船に入る」などのマナー系。

 

一方、男性が奥様にしてほしくないことは、1位は「会話の内容が愚痴ばかり」、次に「かけ湯をしない」、3位は「ムダ毛を処理する」…。

 

お風呂で愚痴もムダ毛もすっきりさせたい! という女性に対して男性は「やめてくれ!」と思っているよう。女性よりも男性のほうがロマンチストなのかな? という結果でした。

 

※データ出典:ゲンナイ製薬会社調べ

この記事をSNSでシェア