サラリーマンが活用できる節税対策まとめ

サラリーマンが節税をするポイントになるのは、「所得控除」と「損益通算」です。前者は住宅ローン、年金、保険などで所得を目減りさせる方法であり、後者は副業で赤字所得を合算することで、節税効果を狙うものです。不動産投資や株投資も副業の一つといえますので、「損益通算」も身近な節税方法になるのです。

サラリーマンの節税のカギは少ない所得に見せること。とはいえ節税方法は限られている。

サラリーマンの節税対策まとめ。

副業をすることで、自宅を事務所にして家賃を必要経費にしたり、パソコンなどを諸経費に当てるなど、サラリーマンの間でも節税対策は身近なものになっております。

インターネットの普及でクラウドソーシングや、アフィリエイト、経験を活かしたアドバイス業務など、ますますサラリーマンの副業は当たり前になってきています。

そこで、主な節税方法(副業も含む)について解説していきたいと思います。
(必要経費の適用方法ついては省略します。)

●不動産投資

ローンで取得した不動産からの家賃収入を赤字に計上する方法です。